0166-64-6808

腹筋の短縮で肩こり?!

こんにちは、けい整骨院です(^^)/

 

今回は症例を紹介いたします。

 

前回ブログで、

 

「肩甲骨の位置の問題による背中の痛み」についてお話ししましたが、

 

肩甲骨を腹筋が引っ張る?!という症例になります。

 

問診時の主訴は、右背中の痛だるさ。

 

肩甲骨の位置は外側に開いており、確かに背中の筋肉は伸ばされていて、

 

痛だるさの原因となっておりました。

 

肩甲骨の位置を修正してその時は症状は楽になるのですが、

 

2~3日で症状が元に戻ってしまう。

 

他の原因を探ると、左右の肋骨の位置に違いがありました。

 

外腹斜筋というおなか横の筋肉は肋骨から骨盤に付着するため、

 

外腹斜筋の短縮は肋骨の位置を変えてしまいます。

 

右の外腹斜筋短縮→右肋骨下がる→右肩(肩甲骨)下がる→右背中の痛みにつながっていました。

 

治療部位を右腹部突っ張りを改善させたところ、右背中の症状は軽減されました。

 

自宅でのセルフストレッチを行ってもらい、症状の再発しないよう様子を見ていきます。

 

身体の筋肉と関節の繋がり、奥が深いですね。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

<けい整骨院>

 

旭川市東光14条7丁目2-9

 

【営業時間】

 

平日   8:30~12:00 13:00~20:00

 

土日祝日 8:30~12:00 13:00~18:00

 

定休   木曜日・第一水曜日

 

【TEL】  0166-64-6808

 

LINE→https://lin.ee/q9Fk1Yh

 

Instagram→https://www.instagram.com/kei_seikotsuin

 

TEL・LINE・Instagramからお問い合わせできます。

 

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

一覧ページへ